M&Aに依頼するメリット|後継者がいなくても安心

男性女性

企業同士の合併の基礎知識

企業の合併を行うm&aにおける基礎知識としては、従業員への対処も重要になるという点があります。会社が倒産するなどという噂が出てしまい、離職者が大量に出てしまうといった辞令もあるのです。しっかりと従業員への説明などを行わなければならないことを知っておきましょう。

握手

企業としての魅力アップ

企業買収は製品やサービス、技術力、人材を確保できるメリットがあるため、資金力があれば企業としての魅力をアップすることができます。また、企業買収では買収先企業の人材をどのように扱うのかを事前に決めることが大切です。

会社がより成長するために

男の人と女の人

双方に利益をもたらす

日本人はM&Aに対して良いイメージを持たない人もいますが、会社の販売網を大きくしたり異分野への進出を容易にできるメリットの大きい方法です。自分の会社に必要な技術を持った会社を買収すれば、長い時間かけて技術開発を行わなくてもすぐに営業を始めることができます。技術開発に時間をかけていてはせっかくの商機を逃すことにもなりかねません。M&Aは買収する側だけではなく買収される側にもメリットがあります。特に後継者がいなかったり事業継承資金が足りずに悩んでいる企業にとっては、会社を存続させるのに良い方法です。大きな企業に買収されることで経営を安定させることができ、従業員の雇用も守ることができます。しかしM&Aは上手に行わないとかえって企業イメージを損なったり、買収した企業の社員がやめていってしまうなど効果が半減してしまうこともあります。自社にメリットのあるM&Aを行うためには良いコンサルタントに間に入ってもらうことが大切です。異業種に参入したい場合、どこの会社が必要な技術や販路を持っているかや買収に応じてくれるか調べるのが難しいものです。また会社を売却したいと思っていても、必要と思ってくれる会社がわからないということもあります。M&A専門のコンサルタントに相談すれば、どこの企業が良いかリストアップしてもらえる上、買収金額や従業員の処遇などM&Aに必要なことを交渉してもらうことができます。双方にメリットのあるM&Aができれば、M&A後の社員の交流などもうまくいくためスムーズに新しい事業を進めていくことができます。

男性女性

確かな戦略の下で

m&aを行うに当たり、専門の仲介業者と契約を結びます。その後、買収したい会社の選定を行います。その際、相手企業の調査を詳細に行うことが重要です。対象企業が見つかりましたら、m&aの条件を提示して交渉開始です。交渉がまとまりましたら契約を結び、期日までに企業の譲渡や支払いを行います。