M&Aに依頼するメリット|後継者がいなくても安心

確かな戦略の下で

男性女性

確実なステップを踏む

会社の規模を拡大したり、新規事業へ参入したい時にm&aはとても有力な手段です。ゆっくり時間をかけて事業を育てていくよりも、m&aによって既に出来上がっている企業を買収した方が速いからです。m&aを行う際は、経営陣で確実な戦略を立案しておく事が大事です。m&aを実施する事を決断したら、まずは専門の仲介業者と契約を結びます。そして、買収したい会社の選定を開始します。調査において重要なことは、対象となる会社の詳細な調査です。その会社の事業内容や財務状況の他に、企業体質や環境の調査もとても重要です。同じ業界であっても、職場のカルチャーが違いますとm&a後にスムーズな業務展開が出来ない可能性があります。従いまして、企業調査はしっかり行わないといけないのです。ここで力を発揮するのは、仲介業者です。仲介業者にも得意な業種がありますので、仲介業者選定時は自分たちの目指す方向性に合致した働きをして頂けるかが、重要なポイントとなります。買収したい企業が見つかりましたら、m&aに関する条件を提示して交渉を行います。交渉の際は、相手企業としっかり対話を繰り返す事がとても大事です。相手の経営者の考え方をしっかり聞き取り、自分たちの企業にとって確実なメリットがあるのか、判断する必要があるからです。m&aの交渉がまとまりましたら、契約を締結します。そして、指定した期日までに企業の譲渡や支払いを完了させます。必要に応じて、メディアへもm&a締結の発表を行います。