M&Aに依頼するメリット|後継者がいなくても安心

企業同士の合併の基礎知識

男性女性

異なる事業を統合するコツ

今行っている事業を続けることで損失が出てしまうことがわかった場合、行われるべきは企業同士の合併、いわゆるm&aです。m&aを実行することによって損失が出るはずだった事業は回復し、マタ長い時間存続させることが可能となります。今存続している大手企業などは、こうしたm&aを上手く行いながら大きく事業を成長させてきたのです。その際にはm&aを実行するための基礎知識をしっかりと把握しておかなければなりません。基本的には仲介業者のコンサルタントやアドバイザーに支援してもらうことになりますが、知っておくべき事柄は多くあります。まず、従業員への説明をしっかり行わなければならないという点です。事業が統廃合するというのは働く従業員にとっては非常に不安なことであり、場合によっては大量の離職者が出てしまいます。経営者同士の話し合いだからといって従業員をないがしろにするとトラブルに発展することがあるので、必ず従業員への周知を実施しましょう。会社がつぶれるなどの噂が出てしまうことも多くあり、離職は起こらないなどと高をくくるのは止めましょう。書類上の手続きももちろん重要となりますが、事業同士の合併というものは異なる組織の人間が一緒の業務を行うということです。人への気配りも大変重要なのがm&aという事業間取引となっています。支援コンサルタントなどにも契約中の従業員への説明、契約締結後のPMIなどを確実に実行し、信頼されるm&aにしていきましょう。